飲食店のアプリを開発するメリットとは?導入する際の注意点も解説

飲食店のアプリを開発するメリットとは?導入する際の注意点も解説

飲食店を営んでいる方にとって、お客さんをいかに呼び込むかが至上命題としてあります。なかでも有効なのが店舗アプリの導入です。店舗アプリがあれば、お客さんにクーポンを配布したり、ポイントカードを発行して次回の来店を促したりなどが可能になります。
ここでは、飲食店アプリを開発するメリットやアプリを導入する際に注意すべき点について解説をしていきます。

飲食店のアプリを開発するメリットとは?

飲食店でアプリを導入するメリットについてみていきましょう。

プッシュ通知によりお店の情報を届けられる

スマホのアプリにはプッシュ通知といって、ロック画面やホーム画面に通知が表示されます。プッシュ通知でお知らせやお得な情報を発信できます。また、メルマガなどと違い、プッシュ通知の開封率は高いというデータがでています。

クーポンやポイントカードなどがスマホに集約できる

お店はクーポンやポイントカードを発行して集客に役立てますが、カードだと紛失してしまうリスクもあります。アプリ内でクーポンやポイントカード機能があれば、カードを持ち歩かなくてもスマホさえ持ち出していれば利用ができます。また、カード発行のコスト削減にもつながります。

顧客情報を分析できる

アプリを活用することで、お客さんのクーポンの使用履歴やいくらポイント付与したかなどの情報が手に入ります。数値的なデータを上手に活用することで、新メニューの開発や既存メニューの改善に役立ちます。

参考ページ:飲食店アプリ開発のメリットは?

飲食店のアプリを導入する際に注意すべき点

飲食店のアプリを導入する際に注意すべき点

飲食店のアプリを導入する前に、注意すべき点について見ておきましょう。

まず、アプリ開発にはそれなりの開発コストがかかります。開発を行うエンジニアの人件費や、制作会社への依頼費などがコストとして必要です。また、アプリは開発して終わりではなく、継続的に維持・管理するためには一定のランニングコストも発生します。

そして、安全性についても十分に留意しておかなければなりません。店舗アプリは顧客の個人情報を取り扱うため、データの流出などが起きてしまうと、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

コスト面と安全性について十分理解した上で、開発をしていく必要があります。

まとめ

飲食店でアプリが導入できれば、お店のお得な情報や新メニューの告知などが打ち出しやすく、上手に活用できれば集客にもつながっていきます。現代においてはスマホが普及しているため、ポイントカードなどの物理的なもので管理しなくてもよくなり、顧客にとっても利便性は向上します。
アプリ開発にあたりコスト面と安全性について十分理解し、将来に向けてお店を成長させるためにアプリを是非導入してみましょう。